ハロウィンの由来や起源とは?絵本のおばけやかぼちゃの意味とは?

人気ランキング

  1. 広瀬すずの本名は大石鈴華だった!高校のプリクラも流出した。... 25.31ビュー / 1日
  2. 豊崎愛生 同棲中発覚の彼氏のとその後結婚した?身長がでかい!... 18.28ビュー / 1日
  3. 宮野真守が結婚相手と離婚?子供や嫁は?性格は?めざましテレビ出演!... 17.66ビュー / 1日
  4. 日高里菜の黒歴史!彼氏はヤンキーでDQNな性格?現在六大学在学中?... 16.28ビュー / 1日
  5. シバター(齋藤光さん)が横浜市の住所を特定される!喧嘩を売ると面倒なこ... 15.28ビュー / 1日


スポンサー広告


ハロウィンの由来や起源とは?絵本のおばけやかぼちゃの意味とは? | バズるーむ

ハロウィンの由来や起源とは?

kabo
古代ケルト人が起源といわれている毎年10月31日に行われるお祭りのことです。一番初めは秋の収穫を祝って除霊を行う宗教的な行事でございました。ところが最近の米国をはじめとする先進諸国ではイベントの一つとしてとらえられ宗教的部分は一切ございません。

かぼちゃでジャック・オー・ランタンのお化けを作ったり、アメリカ、イギリスでは子供たちが魔女、魔法使い、お化けの格好をして各お宅へ周り歌を歌う代わりにお菓子をもらうという習慣もございます。このように、もともとはケルト人の宗教行事だったのが現在では季節のイベントとして行われているのです。


ケルト人のハロウィンや語源について

haro
そもそもどうして10月31日なのでしょうか?それはケルト人の1年の終わりを指すためです。この日は特別で死者や霊が訪ねてくると信じられていました。ところが同じ時期に悪い精霊や魔女たちも訪れてくると考えられていたため魔よけとして焚き火をたいていました。

ですから31日になるとこれを演じるお祭りを行うのです。現在ではかぼちゃを使用しますが、アメリカ大陸発見以前はカブを使用していました。ちなみに、スコットランドではタバガというカブの仲間を使います。このように、ジャック・オー・ランタンを作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが一軒一軒家を訪れ「トリック・オア・トリート(Trick or treat)」と唱えるのです。

これは、「ご馳走をくれないと悪戯するよ」という意味で、一般家庭ではかぼちゃのお菓子をケーキなどを作り子供たちはもらったお菓子を持ち帰り自宅でパーティーをしたりします。もし、お菓子がもらえなかった場合報復の悪戯をしてもよいというルールになっています。

ちなみにこのハロウィンの語源というのは、11月1日にはカトリック教会では「諸聖人の日」(古くは「万聖節」とも)の前晩にあることから諸聖人の日の英語で旧称”All Hallows”のeve(前夜)の”Hallows eve”のなりから”Halloween”と呼ばれるようになりました。

また、諸聖人の日は7世紀までは5月31日に行われていましたが、ケルト人が自然崇拝からケルト系キリスト教へと発展しそこからカトリックへ宗教を変える上でもとからあるケルトの秋の収穫祭に合わせカトリック教会が諸聖人の日を11月1日に変えたといわれています。

そして、カトリック教会の諸聖人の祝日は祭日となっております。ところが、10月31日のハロウィンは祭日はなく典礼暦(教会暦)でもありません。つまりは宗教的な行事、公式行事として存在していないのです。

それに、実際、カトリック教会だけではなくキリスト教の教派や教会では信徒が民間行事として楽しむ程度は問題ないけれども、そもそもがキリスト教の習慣ではないとしてプロテスタント派は様々な意見がございます。福音派は否定的な見解をとっております。

スポンサー広告


 

ジャック・オー・ランタンとかぼちゃの関係

kabotya
ハロウィンでは悪霊やお化けから守るためにかぼちゃで作ったジャック・オー・ランタンを飾るわけですがそもそもどうしてかぼちゃなのか?そしてこのジャック・オー・ランタンとは何者なのか?魔よけに使われるほどなので神様的な存在といっても過言ではありません。それは悪魔から魂をとられなかったからとでもいいましょうか…

アイルランドには島々がございます。そのうちとある諸島にジャックという名前の男がいました。このように祭られるほどでですからジャックという人物はそれは素晴らしい性格の持ち主かと思いきや反対で、いつもお酒ばかり飲んでいるうえにとにかく酒癖が悪くケチで暴力を働く上人から毎回お金を巻き上げていたような酷い人です。

ある意味悪魔かもしれません。そんなジャックがとある夜にとある酒場でいつものように酒を飲んで酔っ払いいい気分になっているとそこに地獄から悪魔がやってきて「お前の魂をとってやる。」と言い放ちました。ハロウィンの夜というのはあの世とこの世の境がなくなりその時だけ時間が止まりこれを狙いお化けが人間にとりつこうとするのです。

そこで悪魔はジャックの魂を奪いに来た次第。しかし、当然ジャックは悪魔に魂をとられたくはありません。ですのでジャックはこう答えました。「ふむ。じゃあ、俺のの魂をあげよう。でもその前に一杯酒をくれ。」といいます。

すると悪魔は魂をもらえるのであれば一杯ぐらいお酒をおごってやってもいいかと思いお金に化けました。するとジャックは素早く財布に入れて口を固く閉じてしまったのです。悪魔は「出せ!出してくれ!」といいます。ジャックは冷静に「出して欲しければ取引をしようぜ。」と交渉しようとすると「何でも聞くから出してくれ!」と必死で出してもらうように懇願します。

そしてジャックは10年間は ジャックから魂をとらないと約束と引き換えに財布から出すことにしたのです。その後10年経過するとまた悪魔がジャックの目の前に現れました。「今度こそお前の魂をもらいに来たぞ。」といいますが、当然ジャックは魂を奪われたくありません。

そこでジャックはまた悪魔をだますわけですが、「わかった。魂をあげよう。その代わりといっちゃなんだがそこのりんごをとってきてくれないか?」と木にの上に成っているりんごに指差して悪魔にお願いします。悪魔も当然魂をもらえるならりんごぐらいとってやってきてもよいと思います。

ですから、木の上に登り、りんごを取ろうとするとジャックはすぐに木の幹に十字架を刻みます。悪魔は怖くなって降りることができなくなりました。「頼む、おろしてくれ!」とまた懇願すると「下ろしてほしいなら取引しようぜ!」と次はもう二度と魂をとらないようにと交渉したのです。

それから年月が経過しジャックも老衰で死亡しました。ジャックは天国に行きたかったのですが生存しているときの振る舞いが、乱暴者、酒乱、人をだます、と悪事ばかり働いていたため当然天国にはいけませんでした。

ですから仕方なく地獄の門をたたきそこで昔出会った悪魔と再会します。「おい、俺を地獄に連れて行けよ!」といいますが、悪魔は「ダメだな。お前の魂はとらないと約束してしまったからな。」と地獄へも天国へも行けない状態になったのです。

ジャックは困り悪魔に相談すると現世に戻るように勧めれます。来た道を仕方なく歩いて帰りますが、真っ暗で何も見えないため悪魔に光をくれとお願いすると、地獄にある炎の中から火を一つあげました。ジャックはそれをカブの中に入れて提灯にしてあの世とこの世をさまよう旅をスタートするのです。

このお話しの提灯がいつしか死人のシンボルとなります。これがアメリカに伝わるとかぼちゃになります。アメリカ人はかぶに関してはあまりイメージがなかったうえ、大きなパンプキンがたくさんとれる国ですからかぼちゃを提灯にしてしまったのです。


スポンサー広告