偽痛風の(原因・症状・治療・診断)について解説!

人気ランキング

  1. 広瀬すずの本名は大石鈴華だった!高校のプリクラも流出した。... 24.55ビュー / 1日
  2. 豊崎愛生 同棲中発覚の彼氏のとその後結婚した?身長がでかい!... 17.97ビュー / 1日
  3. 宮野真守が結婚相手と離婚?子供や嫁は?性格は?めざましテレビ出演!... 16.83ビュー / 1日
  4. シバター(齋藤光さん)が横浜市の住所を特定される!喧嘩を売ると面倒なこ... 14.28ビュー / 1日
  5. 本田望結と芦田愛菜の今現在の身長は?実家は金持ちで父親の職業は?... 12.86ビュー / 1日


スポンサー広告


偽痛風の(原因・症状・治療・診断)について解説! | バズるーむ

偽痛風の原因とは?

kata
偽痛風とは、関節すなわち軟骨、腱、滑膜といった組織に二リン酸カルシウム(ピロリン酸カルシウム)の結晶が蓄積する状態です。解糖やDNAの合成により二リン酸カルシウムがつくられます。このように血中に二リン酸カルシウム濃度が上昇することで体中のあらゆる部分に結晶が溜まり偽痛風発作が起こります。痛風の場合は尿酸になりますが偽痛風は二リン酸カルシウムということです。

ちなみに、どうして血中の二リン酸カルシウムの値が上昇するのかはいまだ不明です。痛風に似ていることで、尿酸の上昇はみられないので、偽痛風と呼ばれています。


偽痛風の頻度、性差、年齢、症状

roujin
基本的に年齢を重ねた高齢者に多くみられます。70歳代が6%、80歳代が14%、90歳以上になると40%が偽痛風を起こしているというデータがございます。このように高齢者の中でも年齢を重ねれば重ねるほど発症しやすいことが良くわかります。痛風であれば男性に多いのですが、偽痛風の場合は男性、女性は関係なく差が少ないという報告、女性に多いという報告があります。

症状は痛風に似ています。ただ、痛風の場合は足の指に多いものですが、偽痛風は膝関節、肩関節、股関節、ごく稀に手関節、手指関節に疼痛、炎症、腫脹、関節血腫、関節水腫などの症状が見られます。しかし、痛風と大きく異なるのは痛みがそこまで強くないというところです。

けれども、このように関節炎が続いてしまいますと血液や関節液が溜まり、関節血腫、関節水腫と腫れを起こします。全身症状としては腫れを起こしますので、痛風ではないからと言って油断はできない重たい病気でもあります。


偽痛風の診断方法

isya

画像診断

軟骨の石灰化をX線、CT、MRIといったもので検査します。

関節液検査

もし、関節液の中から二リン酸カルシウムの結晶が検出されれば偽痛風を確定診断することができます。

採血

白血球の上昇、尿酸正常(痛風でないこと)、CRP上昇、RAテスト陰性(関節リウマチの可能性が低い)など


スポンサー広告


偽痛風の治療法について

kusuri

安静にする

関節を固定するなど可動の制限を行い安静にし炎症を抑えます。

患部の冷却と冷湿布

患部の熱、痛みを緩和する

薬物治療

ポルタレン(鎮痛剤)
1錠15.3円で1日3回食後に服用。副作用は胃部不快感、浮腫、発疹、ショック、消化管潰瘍、再生不良性貧血、皮膚粘膜 眼症候群、急性 腎不全、ネフローゼ、重症喘息発作(アスピリン喘息)、間質性肺炎、うっ血性心不全、心筋梗塞、無菌性髄膜炎、肝障害、ライ症候群など重症な脳障害、横紋筋融解症、脳血管障害胃炎。

ロキソニン(鎮痛剤)
1錠22.3円で1日3回食後に服用します。副作用はボルタレンと同じものが見られます。この二つの薬は胃潰瘍も合併症として発症することもございますので胃薬、抗潰瘍薬などと同時に処方されることがございます。また、後発薬も複数ございます。

アルツ関節注25mg(ヒアルロン酸)
1本1,258円で週に1回の注射を連続して複数回行います。副作用は過敏症、浮腫、顔面浮腫、眼瞼浮腫、顔面発赤、投与関節周囲のしびれ感、AST上昇、ALT上昇、GTP上昇、ALP上昇、LDH上昇、好酸球増多、ヘマトクリット低下、白血球増多、

嘔気、嘔吐、発熱、倦怠感、蛋白尿、尿沈渣異常、動悸、ほてり、総蛋白低下、BUN上昇、蕁麻疹、発疹、そう痒感、投与関節水腫、投与関節発赤、投与関節熱感、投与関節局所の重苦しさなどです。後発薬が複数でています。379円から1,133円となります。

デカドロン注1.65mg(ステロイド)
1本107円で週に1回の注射を連続して数回施行します。副作用はショック、アナフィラキシー様反応、失神、意識喪失、呼吸困難、顔面蒼白、血圧低下、誘発感染症、感染症増悪、B型肝炎ウイルス増殖による肝炎、続発性副腎皮質機能不全、糖尿病、消化性潰瘍、消化管穿孔、

膵炎、精神変調、欝状態、痙攣、骨粗鬆症、大腿骨頭無菌性壊死、上腕骨頭無菌性壊死、骨頭無菌性壊死、ミオパシー、脊椎圧迫骨折、長骨病的骨折、血栓塞栓症、下痢、悪心、嘔吐、胃痛、胸やけ、腹部膨満感、口渇、食欲不振、食欲亢進、多幸症、

不眠、頭痛、眩暈、筋肉痛、関節痛、関節の不安定化、疼痛増悪、腫脹増悪、圧痛増悪、組織萎縮による陥没、満月様顔貌、野牛肩、窒素負平衡、脂肪肝、浮腫、血圧上昇、低カリウム性アルカローシス、中心性漿液性網脈絡膜症、網膜障害、

眼球突出、白血球増多、ざ瘡、多毛、脱毛、皮膚色素沈着、皮下溢血、紫斑、皮膚線条、皮膚そう痒、発汗異常、顔面紅斑、紅斑、創傷治癒障害、皮膚菲薄化、皮膚脆弱化、脂肪織炎、発熱、疲労感、ステロイド腎症、体重増加などです。後発薬があります。1本56円となります。

手術
炎症を起こすことで関節の細胞が破壊されることで痛みの発作を何度も繰り返し行うケース、脊柱管狭窄症との合併のケース、末梢神経絞扼症候群を合併したときばは手術が必要になります。当然ですが肘、脊椎など体の部位によって手術方法は異なってきます。

スポンサー広告