シバター(齋藤光さん)が横浜市の住所を特定される!喧嘩を売ると面倒なことになる。

人気ランキング

  1. 広瀬すずの本名は大石鈴華だった!高校のプリクラも流出した。... 21.90ビュー / 1日
  2. シバター(齋藤光さん)が横浜市の住所を特定される!喧嘩を売ると面倒なこ... 20.38ビュー / 1日
  3. 宮野真守が結婚相手と離婚?子供や嫁は?性格は?めざましテレビ出演!... 18.03ビュー / 1日
  4. 安住紳一郎の親戚は原千晶!熱愛彼女や恋人と結婚?年収や性格は?... 15.41ビュー / 1日
  5. 田中里奈の彼氏は誰?結婚説は本当?メイク可愛いけど性格が凄い!... 11.14ビュー / 1日


スポンサー広告


シバター(齋藤光さん)が横浜市の住所を特定される!喧嘩を売ると面倒なことになる。 | バズるーむ



どうも、シバターです!少し前の話になるのですが僕の家のポストにコ×××ムをたくさん入れた奴がいました。僕はこのときスルーしたんだけれども、昨日Twitterでこんなメッセージが来ました。


「シバターさんの動画最近つまんないですよ!今だから言うけどポストにコ×××ムいれたの僕です!」


あのねぇ。つまんないとかいうのは全然いいんですよ。


ただ、俺の家に来てまでいたずらするっていうのはマジで許せません。現在僕と僕のリスナーさんとでこの子の情報を集めておりまして、名前、生年月日、顔、学校、この子のやっているYoutubeのアカウント、過去○○ハーブをやっていたこと、今年の春から新高校生になることが、判明しました。


近日中に学校と警察に全てお話しするつもりです。


おい!ピーーーーーーくん、ネットにはしゃれが通じる面白い人とマジでふれっちゃいけないピーーーーーーの二種類がいるんだぜ、俺は後者の方だ!このご時世最終学歴は中卒は厳しいぜぇ。


今夜は震えて眠れ


僕の家に謝りに来たら許します。ということでシバターでした。


うちのポストにコ×××ムを入れた餓鬼とその親に会いにいって発狂!




どうも、シバターです!昨日僕の家のポストにコンドームを入れた奴から連絡がありまして、謝りたいと、ついてはお母さんから連絡がありまして自分の息子と一緒に謝りに来るということで、今日時間と場所を決めてとある駅で待ち合わせをしました。


で、今日の動画はその時の様子です。


待ち合わせの時間に来ない親子


何度も電話をかけてようやく繋がる


シバター 「いや、撮影しないってメッセージを送ったじゃないですか。何の出頭ですか?」


親 「警察に息子がやったことを話しました」


シバター 「いやいやいや、そもそも僕何度も電話しましたよね。」


 シバターと待ち合わせしている時間に警察署に行っていたという…


シバター 「それでも、待ち合わせの時間帯にこれないんだったら連絡するのが筋なんじゃないですか。ちょっとおかしいですよ。なんでこんな時間になって連絡してくるんですか。」


親 「謝ってる所を録画したいといったので断ったつもりでした。」


シバター 「いやいやいや、してないじゃないですか。おかしくないですか。いっていることおかしいですよ。どう考えてもあれじゃ撮影しないでくださいね。とお願いをしただけとも捉えられますし、逆に撮影があるんでNGです。あの文面ではどちらともとれますよ。そうじゃなくても、謝る立場じゃないですか。謝る立場なのになんでそちらにいけませんで終わって、待ち合わせの時間10分もすぎた時間に(僕が電話を)かけて(ようやく)でるんですか?言ってることおかしいですよ。子供も子供なら親も親ですよ。」


親 「そうかもしれないですね」


シバター 「そうかもしれないですねじゃないでしょ。大人なんでしょ。おかしいと思いませんか?謝りに来てくださいって。なんで約束の時間に来ないんですか?そもそも最初の謝罪がtwitterというのもおかしな話なのですよ。そっちが電話番号さらして私にかけてきてくださいとかやり方色々あるじゃないですか。なんでそもそもの謝罪がtwitterなんですか?頭おかしんですか?」


親 「頭がおかしいといわれればそうかもしれないですね。」


シバター 「頭がおかしいといわれればそうかもしれないですね。じゃないですよ。そもそもね、息子さんが今回したことで色々と問題になっていますけど親の教育とか家庭環境がいけないんじゃないですか。DVされたとかそんな話は知りませんけど。あなたのそもそもの対応が今回明らかにおかしいですよ。警察署にいったので今から関内にはこれません。いっていることおかしいと思いませんか。なに考えてるんですか?来てください!今から来てください!」


親 「でも、もう謝罪はしてますよね?」


シバター 「謝罪はしてますよねぇえ?何で?twitterですか?お電話ってこの間僕にちょこっとかけてきて、この度は本当にすいませんでした。って最初に一言謝ったあれでですか?そんなんじゃ、こっちの気がおっつかないから約束して、顔見せて、詫びに来るって話で館内まで僕来てるんですよ。今。社会人としてあなたおかしいんじゃないですか?もしもし、今から来てください。」


親 「今からは難しいですね。」


シバター 「何が難しいんですか?」


親 「遠いところに住んでいるので(※同じ市内です。)」


シバター 「いいからタクシー飛ばして来てくださいよ。」


親 「なんで動画で撮って晒すって言っている人に会いに行かなきゃいけないんですか?」


シバター 「えっ?じゃ晒しませんよ。」


親 「その保証がないじゃないですか。現にブログに書いているじゃないですか。」


シバター 「あ、書きましたけれども。それの何が問題があるんですか?最初からいっている通り、私はあなたとあってどういう対応されたとか、こんなこといわれたとか、そもそも言うつもりですよ。ただし、その場で録音、録画はしませんと、そういうメッセージを送りましたよ。」


親 「なんで私たちがブログにおもしろおかしく書かれなきゃいけないんですか?」


シバター 「おもしろおかしく書かれなきゃいけないんですかぁ??いや、そもそも、そっちがしたことが発端じゃないですか。こっちだって迷惑してるんです。全然謝るつもりないじゃないですか。謝りに来れば全部不問にするという話だったんです。それをなにをネタにされるですか?」


親 「現にあなたのフォロワーが私や息子の悪口をツイッターに書いているじゃないですか?」


スポンサー広告


あんなものは謝罪でもなんでもない!

shiba
シバター 「それがどうしたんですか?書いているかもしれませんけどそれがどうしたんですか?」


親 「普通、そういうことを書かれたらショックを受けるじゃないですか。シバターさんは私たちがショックを受けると思わなかったんですか?」


シバター 「ショックーぅ?今、被害者がどっちで加害者がどっちかわかっていないんですか?うちの子が100悪いですよ。人ん家のポストにいたずらして、で、」


親 「でもうちの息子はティッシュを入れただけですよ?」


シバター 「違いますよ。コ×××ムを入れたんですよ。たくさん!」


親 「それは一緒にいた友達がいれたって息子は言っています。」


シバター 「一緒にいた子がやって自分が入れたのはポケットティッシュだから大したことしてないっていっているんですか?あのですね。一緒にね、一緒にしたんだったら…」


親 「一緒に行った友達を今日謝るのに誘ったら、断られたんですよ。」


シバター 「はいはいはい、そんなのはそっちの都合ですよ。あなたの友達と一緒にやってあなたの友達と一緒に誘って一緒に謝りに行きましょうといったら断られたんですか?そんなのはそっちの都合ですよ。あなたの息子さんが友達何人か知りませんけどあなたの息子さんがしたことについて謝りに来いって言ったんですよ。それで来ないってどういうことですか?あなたがそんなんだからね、子供がどうしょうもない育ち方をするんですよ。」


 動画を意識し妙に説明口調になるシバター


親 「そうですね~」


シバター 「そうですね、じゃないですよ。もういいです。謝る気ないんですね。こっちに来る気ないんですね。」


親 「今日はちょっと無理ですね。」


シバター 「今日はっていうのはどういうことですか?」


親 「え~と…」


シバター 「今度謝るつもりはないということですね。」


親 「謝罪は申しましたので」


シバター 「あんなものは謝罪でもなんでもない!Twitterのダイレクトメッセージで謝ったとか、電話口で謝ったとかそんなもの謝罪でもなんでもないですからね。言っておきますよ。やられたらやり返す倍返しだ!さようなら。」


いやぁ~ということでね。親御さんと一緒に待ち合わせをしていたんですけれどもすっぽかされてしまいました。親御さんは謝るつもりは全くないそうです。お前らもおれん家にいたずらすんなよ。めちゃくちゃ面倒くさいことになるぜ。ということで、シバターでした。


ポストにコ×××ム入れた馬鹿親子への対応について見解を述べます




どうも、シバターです!


僕の家の郵便受けにコ×××ムをいれた馬鹿とその親について僕の見解と今後の対応についてお話ししたいと思います。はい、僕シバターは、この親子に対して倍返しすると言いましたが、一切何もするつもりはございません。


はい、Twitterとかで、動画のコメント欄では学校に報告しろとか、人生ぶっ壊してやれみたいなことが結構いっぱい書かれていたんだけれども俺はそういうことは一切するつもりはない。ていうのはただ俺は謝って欲しかっただけなんだよ。


じゃあ、謝ってくれなかったらどうするか?そんなのどうもしないっす。なんにもしないです。ああ、そう。謝ってくんないんだ。それだけです。ま、俺ね。ほんとにちょっと思ったのがコメント欄でね、Twitterとかみたり、たまに2chでさ、バカッターやってる奴を特定してさそれで追放して退学へ追い込んだりするのあるじゃん。


あれね。俺、苦手というか怖いんだよね。なんか、こう、絶対的な正義を盾に暴力振るっている感じで。もちろん、100悪い。郵便受けにコ×××ム入れたり、ピンポンダッシュしたり、コンビニの冷蔵庫に入っちゃったりさ、そんなのやっている奴は100悪いよ。


通報する奴は1も悪くないけど、でもさぁ、特定したり、通報したり、退学にさせたりするのってやってるやつって100%正義感でやっているかっていうとそうじゃないと思うんだよね。たぶんその人のストレス解消で100悪い悪を叩いている感じだと思うんだ。


でも、それって怖くない?悪い奴だったら何してもいいの?俺はね、その感覚が怖いんだよね。みんなで絶対的な悪をよってたかってぼこぼこにする感覚は俺は間違えているんじゃないかと思うわけですわ。まー今回の件はムカついたけどね。すげえ~ムカついてなんだこいつって思ったんだけれども…


そいつが、退学になったところで、入学が取りやめになったところで俺に何のプラスにもならないし、向こうは名前ちょっと検索すれば凄い悪いうわさが書かれていてさ、全世界に自分と自分の親がいかに恥知らずというのが発信されたわけじゃない。


ね、ネットで大恥かいた。それでいいんじゃないの?価値も負けもないよこんなの。ということで僕は一切報復行為をするつもりはないです。うん、これでいいんじゃないでしょうか。まあ、ね。一つ言えるのは、その親子についてですけれども俺がここでつぶさないでもあんな性格していたりちゃんとした態度を取らなくてはいけないところであんな態度をとってしまう親子は僕が潰さないでもいつか必ず社会につぶされます。


僕は裁判官でも教師でもなんでもないので誰かに罰を与えるつもりはないのです。皆さんも、誰かに報復行為をするとか罰をあたえるとかするのは偽善だと思うんです。ちょっと考えなおしてください。僕の今回の事件に対する見解でした。

スポンサー広告


6 件のコメント

  • まぁ人間に限らず自然界には
    バランスってものがあるから

    崩して失うものについて
    考えられない馬鹿こそ罪な存在
    これこそ天罰が下る

  • シバタービビったのね

    要は追い詰めた奴からの報復が怖いだけのチキン野郎

    倍返しだ!

    とか言って冷静になったら復讐が怖くて何もしないとかだったら最初から倍返しとか言うな

  • 昨夜たまたま、アウトサイダーの動画をみてシバターのことを知り、異色のキャラで面白いなと思い、シバターの試合動画をたくさん見てたけど、この動画に辿り着いて、正直、シバターにはガックリですね。シバター、あなたは、絶対的正義を持って暴力と制裁を苦手とか怖いとかいいながらも、十分に、ネットでの暴力と制裁をふるっているではありませんか。自宅にイタズラをされてシバターの怒る気持ちも、母親の困っている気持ちも理解は出来ますが、こんな小さな話は当事者同士だけでやりなさいよ。火種をおこしたのは100%相手で、子供の躾は本当に本当に大事な事だけれど、中学生相手に子供のくだらない悪戯を、公共の電波を使って火種をさらに大きくするなど、いくらユーチューバーとはいえ、いい年した大人のやる事じゃありませんよ。それこそ、シバターの器が小さく見えるだけだし、リングスの興行などにもでてるんだったら、それくらいのことは有名人料として流せよ!と私は思います。更に言えば、リングスはもちろんのこと、あなたの出場している興行すべての印象も悪くなるだけです。

    それと、私自身が元プロ格闘家として言わさせてもらいたいのが、対戦相手にもっと敬意をはらえ!!です。

    ヒール役なのか、ただのネタキャラなのか、格闘家なのか、ユーチューバーなのか、それが今時の新しい斬新なスタイルとしてならば、それはそれで否定するつもりはありませんが、ですが、動画を拝見させて頂いた限りでは、立ち位置が不安定すぎて、浮つきすぎに思えてしかたありません。プロレスラーだというのなら、レスラーとしてだけではなく、人の注目を集める人間としての、「振る舞い」を、より深く考えて、本物のプロレスラーになってください。

    お断りを申しておきますが、私は悪戯をした相手方を擁護するつもりもなければ、関係者でもありません。

    最終的に、どっちもどっちだなと両者のことは思いました。


    以上

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です