芦田愛菜は今現在消えたと引退説?姉妹は?性格、身長、ドラマについて。

人気ランキング

  1. 広瀬すずの本名は大石鈴華だった!高校のプリクラも流出した。... 25.31ビュー / 1日
  2. 豊崎愛生 同棲中発覚の彼氏のとその後結婚した?身長がでかい!... 18.28ビュー / 1日
  3. 宮野真守が結婚相手と離婚?子供や嫁は?性格は?めざましテレビ出演!... 17.66ビュー / 1日
  4. 日高里菜の黒歴史!彼氏はヤンキーでDQNな性格?現在六大学在学中?... 16.28ビュー / 1日
  5. シバター(齋藤光さん)が横浜市の住所を特定される!喧嘩を売ると面倒なこ... 15.28ビュー / 1日


スポンサー広告


芦田愛菜は今現在消えたと引退説?姉妹は?性格、身長、ドラマについて。 | バズるーむ

芦田愛菜(あしだまな)ちゃんは2004年6月23日生まれ、子役、タレント、歌手として活動されています。テレビ番組やドラマでも関西弁をしゃべることがありますが普段は基本標準語です。というのは実を言うと兵庫県出身で現在東京都在住なのですね。所属事務所はジョビィキッズプロダクション、所属レコードはユニバーサルミュージックとなります。

芦田愛菜ちゃんが芸能界に入った理由は当初は別にお芝居や歌には興味がそんなにあったわけではなかったのですが、お母さんから「楽しそうだからやってみない?」という気楽な気持ちで入ったそうです。それが今やトップクラスの子役となっておりますから凄い話です。

そして、気になるのはやはり身長ですよね。プロフィールをみますと身長は127cmとなっております。しかし、子役の場合身長があんまり当てにならない節があります。なぜなら成長のスピードが早いからです。成人しているはずのガッキーも20歳を過ぎても身長が伸びて現在170cmを超えているという説も浮上しているぐらいですからね。

大人の場合は例外中の例外の話ですが、子供の場合は本当に当てにならないです。1年で10cm伸びるとかそんな世界ですからね。とりあえず、130cmは超えているだろうというのが個人的な見解です。なぜなら現在、鈴木福くんの身長とさほど変わらないからです。


ashida2
公式では鈴木福君は135cm、芦田愛菜ちゃんは127cmです。8cmも差があるようには思えないですね。鈴木福くんがもしかりに公式の身長よりも伸びているとすれば、芦田愛菜ちゃんは当然、130cm以上はあると考えら得れます。そのうち気がついたときにはものすごくでかくなっているのではないかと思います。


芦田愛菜の今現在消えたと引退説が浮上しているのか?

ashida3
さて、芦田愛菜ちゃんの引退説や消えたなどそんなことが浮上いしているのですね。まず、一つの原因としては一時期、テレビにあまり出演しない年があったんですね。ブレイクしてから数年たって突然出演回数が減ってしまったことに世間は違和感を感じてしまったようです。

しかし、それは所属事務所の社長の戦略だったようで一時的にテレビの出演を控えてからまた売りだしていくことによって注目されるようになるためだとか。だからあえて休む期間を与えていたらしいです。ま、実際のところ、ハリウッド映画『パシフィック・リム』に起用されるほどでしたから当時は演技力はずいぶん買われていたのだろうとは思います。

一方、子供時代から活動しているアイドルやモデルの気になる点というのは劣化です。小さい頃はかわいかったのに高校生ぐらいになると劣化したといわれ始めたり、顔が全然変わってしまいショックだとかになるんです。ただ、そういう人たちというのは、本当の幼女は好きではありません。

けれども、芦田愛菜ちゃんはどちらかといえば幼女でブレイクしたタイプでそれこそ、ドラマ「マルモのおきて」がきっかけです。これから劣化してしまいファンが離れるというのはルックスだけで売っているパターンです。子役が大成しないというのがそれにあります。

こどもだから、かわいいから、みられるではダメなんです。生き残っている子役出身の役者さんを全てに共通しているのはやはり演技力です。染谷将太さん、菊地凛子さん、井上真央さん、三浦春馬さん、夏帆さん、戸田恵梨香さん、浜田岳さんなど、現在ブレイクしまくっている役者さんたちは当初から演技力が買われてきた人ばかりです。

それがないと成長してしまったときに使われなくなる可能性がものすごく高いのですね。だけど、芦田愛菜ちゃんはその辺の実力という点ではかなり高いので一時的に子役を休んで成長した時に本当の女優として活躍することができれば芸能界で生き残り続けることができるのではないでしょうか。


スポンサー広告


芦田愛菜の姉妹は豊嶋花ちゃんって本当なの?

ashida4
豊嶋花ちゃんが芦田愛菜ちゃんの妹ではないか?といわれているのですね。それはあまりにも似ているからです。正直な話、姉妹でもなんでもありません。色々なブログではそのように適当なことを語られていましたがよく調べると、豊嶋花ちゃんは東京都出身で芸能活動は2008年からです。

芦田愛菜ちゃんは兵庫県出身で芸能活動は2007年からスタートとなっております。もし、東京に来てから出産したとなれば不可能ではありませんが、そもそもが、苗字が異なります。姉妹なのに苗字が違うって芸名ならありえますがテレビで姉妹であることは一度も聞いたことがない以上それもないでしょう。


芦田愛菜は性格が悪いけどドラマや映画のプロ意識の高さが凄い

ashida5
芦田愛菜ちゃんが巷で性格が悪いなどといわれているようでですがどうなのでしょうか?要するにスタッフ受けが非常に悪いのです。制作スタッフに対して「今の画、必要なんですか?」などこどものくせして大人に遠慮せずどんどん口出ししてしまうのです。

子役の中ではトップクラスに演技力が高い女優さんですので調子に乗らないという方が無理かもしれませんね。基本的に女王様気分で遠慮は一切していないみたいです。それに、芦田愛菜ちゃんはこんな年齢ですでにサラリーマンの生涯年収を稼いでしまっていますからね。過去に1億9000万円、それ以降の出演をみれば軽く2億は超えていることでしょう。

こればかりはその人の性格によるのですがお金を稼ぎまくっていても無駄使いは一切せずに庶民的な生活を続ける人。自由に生きられればそれでよしという考えの人ですよね。有名人では有吉さんとか西村博之さんとかそんな感じです。だけど、稼いで金銭感覚がおかしくなりどんどん使ってしまうと破滅してしまいますね。

収入の1/3が家賃と推奨されるようにお金の使い方って大事なんですよね。もちろん、芦田愛菜ちゃんの場合は親御さんがどうお金を管理するかの問題でしょうけどね。芦田愛菜ちゃんのバックには芸能界の陰のドンの一人であるバーニングの周防郁雄社長がいます。

そのため、スタッフもいくら芦田愛菜ちゃんを嫌がったとしてもなかなか拒否するわけにもいかないのかもしれません。周防郁雄社長からしてもお金をがっつりと稼いでくれる芦田愛菜ちゃんは大切な存在です。少なくても今は。お金を稼げなくなったら終わりですが…どう転じるかわかりませんよね。

ですので、芦田愛菜ちゃんは危機感も非常に感じていたり、プロ意識、プライドもものすごく高いのです。子役の世界は毎年毎年新しくかわいい子が出てくるのでそれに負けないために危機管理能力が必要になります。芦田愛菜ちゃんはただ威張っているだけではなくその辺は上手くできているのかなと思います。

たとえば、いつも愛嬌をふりまいていてスタッフ受けが非常に良い、本田望結ちゃんと谷花音ちゃんは自分の存在を脅かすかもしれないとして自ら共演をNGにしているのです。けれども、その分能力も高いですし、努力もしています。2013年にハリウッド映画『パシフィック・リム』に出演しています。

ここで、デル・トロ監督にものすごく高い評価を受けており、「天才です!本当は彼女は50歳くらいなんじゃないかというくらい、賢く、準備が整っているんです」と絶賛しているのです。それだけの能力が高いため英語さえできれば海外でも活躍することができるはずです。

そういったことも考えてなのか、「一杯勉強して海外でも通用する女優さんになること」とコメントしています。すでに英会話の勉強には取り組んでいるということで将来には期待できそうですね。あえてツンツンしているのがもしかしたら芦田愛菜ちゃんのポリシーなのかもしれないですね。

スポンサー広告