端午の節句の鎧兜飾りは誰が買う?五月人形の意味と由来は?

人気ランキング

  1. 広瀬すずの本名は大石鈴華だった!高校のプリクラも流出した。... 25.31ビュー / 1日
  2. 豊崎愛生 同棲中発覚の彼氏のとその後結婚した?身長がでかい!... 18.28ビュー / 1日
  3. 宮野真守が結婚相手と離婚?子供や嫁は?性格は?めざましテレビ出演!... 17.66ビュー / 1日
  4. 日高里菜の黒歴史!彼氏はヤンキーでDQNな性格?現在六大学在学中?... 16.24ビュー / 1日
  5. シバター(齋藤光さん)が横浜市の住所を特定される!喧嘩を売ると面倒なこ... 15.28ビュー / 1日


スポンサー広告


端午の節句の鎧兜飾りは誰が買う?五月人形の意味と由来は? | バズるーむ

日本では端午の節句に五月人形を飾りますよね。5月5日はこどもの日で3月3日のひな祭りに対し、鎧兜を飾ります。ひな祭りはよく女の子のお祭りだと言われますが、こどもの日は男の子のお祭りともいわれていますね。ちなみに、中国語圏では5月5日に行うのですが、日本の中で6月5日に行う地域もあるそうです。


端午の節句の意味と由来とは?

uma
端午の節句ですがこの中に隠れている午という文字に注目してください。これは十二支の中に登場してくる午(うま)です。牛とにているので間違える人がいるのですが…十二支でいう午の月のはじめに節句としてお祝いを行っていたのですが、これが後ほど5(ご)が重なる月。すなわち5月5日が端午の節句となったといわれています。

そして、端とは、端(はし)と読みます。要するにはしっこということです。つまり、はじめともとらえることができますね。午というのはもともと月初めの午ということなので、5日を指します。これが、午と五が通じるため、毎月5の日を端午と呼ぶようになりました。

さらに、5月5日はその中でも一番5が重なるため端午の節句となったといいます。それを考えるといずれにしろ説得力のある説明ですね。どちらの説も間違えではないような気がします。5月5日と同じように気数が重なる月は節句といいます。(3月3日、7月7日、9月9日)


五月人形(兜飾り)の起源

kigen
このように、5月5日が端午の節句となったわけですが、そもそもなぜ端午の節句に五月人形(兜飾り)を行う風習があるのでしょうか?ご存知の通り鎌倉時代から江戸時代中期までは天皇制ではなく武家社会でした。

5月5日の端午の節句や3月3日の上巳の節句も、もともとは、中国から伝わった風習です。当時は疫病なんかが流行っていました。そこで、菖蒲酒(しょうぶざけ)を飲んだり、菖蒲(しょうぶ)で体についている穢れや邪となるものを落とし、無病息災や厄災除けを行っておりました。

これを武家社会では菖蒲(しょうぶ)を尚武(しょうぶ)と捉えます。つまりは、武をとった武のことで、将来武家を継ぐ棟梁となる長男の誕生を知らせるために、門前に「薙刀」「馬印」「槍」「幟旗」という武具を置き、鎧兜を飾ることで男子が健康に成長することを祈ったといいます。

この中の幟旗が武者幟になり、江戸時代中期に町人に広まった幟旗が鯉幟になり、具足飾りが兜飾りへと時代とともに飾り物も変化したと伝えられています。江戸時代中期には武士が戦争使う実戦用の具足(鎧兜)を座敷に飾っていたのですが、それが江戸時代後期には装飾用の兜飾りへと変わりました。

もともとは、武家のお祝い事だったのですが、このことがきっかけで、豪商や豪農など一般人の中でも富裕層に広まるようになりました。また、邪気を払う意味としての菖蒲湯は現代の日本でも残っております。


スポンサー広告


古い時代の結婚で使われいた

hana

昔は今の時代のように結婚はものすごい覚悟のいるものでした。もちろん、いまも覚悟なく結婚はするものではありませんが、できやった結婚というものや、結婚後すぐに離婚する、結婚して子供が生まれても上手く育てられない…などの社会情勢をみると、

やはり、現代社会では結婚に対する意識が随分低くなっているように思えます。しかし、昔はそりゃ大変なものです。まず、結婚してその家に嫁ぐと、その家の家族の一員となり農業や家業に励みそこから生まれた収益は全て嫁いだ家のものになるのです。

ですから、衣食住などの経費は全て実家の親が出していたといいます。今では考えられないようなことです。さらに現代は、結婚後も嫁ぎ先のお宅へ両親が遊びに行ったりすることも珍しくはありませんし、お盆、お正月など帰省したりもしますよね。

ところが、昔はそうも行かず、両親は向こうの両親に遠慮してなかなか遊びに行くこともできませんでしたし、それこそ実家へ帰るなんてことは難しい話しです。

ですが、親は子供が生まれたという報告を受ければ、「孫はかわいいだろう。」「孫に会いたい。」「息子は無理をしていないだろうか。」「娘は向こうの両親と上手くやっているだろうか。」とか色々と心配してしまいます。

今のように携帯で気軽に連絡もとれる時代でもありませんからね。そこで、なんとかして、子供、孫の様子を見に行くことができないだろうか。ということで、お祝い事や初節句、宮参りといった行事に嫁ぎ先の家へ様子を見に行くようになったのです。さすがに嫁ぎ先の両親も鬼ではありません。そういうことであれば、普通に家へ入れてくれます。

そんなことから、五月人形は嫁ぎ先の親御さんが用意し、その他の鯉のぼり、武者幟、武者人形はお嫁さんもしくはお婿さんが用意していました。

しかし、これも時代とともに変わりまして、ひな祭りと同様に五月人形もお嫁さんやお婿さんの実家の両親が用意するようになります。ただ、五月人形も雛人形と同等にはなりつつも、この時点ではまだそこまでのものではなく、五月人形は嫁ぎ先の親御さんが用意し、その他の鯉のぼり、武者幟、武者人形はお嫁さんもしくはお婿さんが用意するというケースも多いです。

そして、初節句の宴会は嫁や婿の両親から、さらにその親戚まで集めて、お土産やその経費全てを嫁ぎ先の両親が負担していたため経済的なバランスは上手く取れていたようです。


現在の事情はどうか?

kazoku2
現在の日本は昭和初期とは全く事情が異なります。時代の進歩とともに便利なものがたくさん生まれています。例えば、携帯電話、車、新幹線…

こう言ったものがあるため、いつでも娘、息子とは連絡を取り合えます。さらには、昔は大世帯で生活するのが当たり前でしたが、現在は結婚してもマンションを借りて夫、嫁、子供といった核家族で生活するのが当たり前になっています。

もし、仮に嫁いだにしても、昔のようにうるさくはありませんし、絶対に嫁ぎ先の仕事をしなくてはいけないわけではありませんし、そこから得た収益は自分のものです。逆に実家に還元するのが当たり前の考えです。

そんなこともあり、状況がまったく違います。マンションで住む核家族なんかは本当にお父さんが妻、子供を連れてデパートへ行って、五月人形を購入して帰ったり、そんなのが当たり前になっています。

しかし、関西の地方ではまだ古いしきたりが残っていて、嫁ぎ先の両親が五月人形を買うことが多いそうです。また、砂金増えているのは五月人形は意外に高いです。

一式で100,000円もするものがあります。昔のしきたりだからといって実家の両親に全て払わせるのは酷というものではないでしょうか。昔と違ってそんなに立場も強いわけでもありません。不況の昨今です。火汗が出てしまいますよ…

ですから、両家で話し合いを行い費用を折半し子供たちに選ばせる、両家のお祝い金で夫婦が購入し、武者人形などの脇飾りを贈るといったやり方をしている家庭が増えているようです。


結局誰が買うべきなのか?

satu
関東地方では、普通にお父さんが息子を連れて買うというのもありますが、関西地方ではまだまだ古いしきたりを重視しておりまして、誰が買うのかでもめてしまうケースもあります。その結果、両家の関係が悪くなったりすることも…

しかし、今は昔とは全く違う時代です。もともとは子供の成長を祈るという所からきているのです。一番考えなければいけないのはやはりお孫さんの成長のことではないでしょうか。

ですから、もし、金銭で揉めているのであれば、両家で話し合いを行い費用を折半し子供たちに選ばせる、両家のお祝い金で夫婦が購入し、武者人形などの脇飾りを贈るといったやり方でも良いと思いますし、なんなら両家の両親、嫁、夫がお金を出し合って買うのもいいと思います。

ちなみに、最近はインテリアの一つとして特にマンション家庭は台所に飾り、しまわず一年中飾っておくケースもあるようです。ですからいつしまわなくてはいけないということもありません。

スポンサー広告